メソッド

Hands on
ハンズオン
病院経営改革において、院長代行や事務長などを派遣し、経営に深く関与させることで、変革スピードを最大限に生かす手法を「ハンズオン」と呼びます。ハンズオンのメリットは、変革のスピードが速いということ。方向性や目標を明確にし、院内における行動規準の確立、組織が変革を受け入れる文化の醸成など、根本的かつ抜本的な対策を行うことですみやかな効果を生みます。
こんなお客様に
コンサルタントを常駐に近い形で派遣します。経営と運営に関するアドバイスを日常的に受けながら、組織を根本からパワーアップしたい医療機関におすすめです。
Adviser contract
アドバイザー・コントラクト(顧問契約)
顧問契約によって随時アドバイスが受けられるシステムです。医療機関を定期的に訪問し、経営の管理業務をアドバイスいたします。特定のコンサルタントが継続的に関与することで、経営改善の経緯や経営者の考え方を把握できるので、時間をかけずに効果を出すことができます。
こんなお客様に
「ハンズオン」までは必要としないが、定期的にアドバイスを受けることによって、現状における問題点を客観的に診断し、経営を安定的に発展させたい医療機関におすすめです。
「ハンズオン」によって経営が安定した医療機関にも、上昇曲線を継続させ、さらに経営を活性させるために、「アドバイザーコントラクト」の形で経営指導を受けられることをおすすめしています。
Correspondence
コレスポンデンス
あらかじめ設定されたポイント数内の中で、メールや電話で経営コンサルタントに相談、質問し、回答を得ることができます。
こんなお客様に
業績が安定しており、日常的な経営業務に支障はない医療機関や小規模クリニック、または、低価格で経営コンサルタントの技量を試してみたいクリニックに。さらには、院長、事務長の職務に不安があるとき、個人的なアドバイザーとしてのコンサルタントも可能です。医療法務の変化が著しい現在、診療報酬改定の対応策など、不明点やあいまいな点をその都度質問する相手として確保しておくメリットもあります。