コーチング・サービス

個人がもつ自己信頼、セルフコントロール、コミュニケーション能力を最大にし、それによって組織の能力を最大にするための方法がコーチングです。人材教育、能力開発の手法として90年代以降、アメリカを中心に先進諸国で研究開発が進められており、実用性の高い人材育成および、人材開発の手法として、企業の潜在能力の底上げに欠かせないものとなっています。アンティエでは、コンサルティングよって得られた効果を持続させ、さらに発展させるための段階として、コーチングをおすすめしています。

ビジネスコーチング・フォー・メディカル (スタッフ育成のためのコーチングスキルの習得)

ここで行うのは、部下を育てるコーチング技術の習得です。アンティエでは過去20年間に蓄積した医療ビジネスリーダーの行動観察と分析を通じ、成果を上げていくリーダーに共通する要素をモデル化してきました。リーダーを対象として行われる本サービスは、そうしたモデルに基づき、組織を活性させ、結果を導くためのコーチング手法を身につけていただけるよう設計されています。

チームビルディング(結果を出す組織を作る)

チームの動的な側面を理解し、リーダーとして効果的にチームを率いていくためには何が求められるのか。組織のパフォーマンスを向上させる「チームワーク」を、組織の方向性、組織の体制、役割と責任の配分、組織文化、業務プロセス、外部環境といった観点から整理し、自らの組織を診断した上で、組織の力を結集させるための具体的な方法および、組織全体としてのパフォーマンス向上を実現していただきます。

イノベーション(変革する力の強化と実践指導)

アンティエでは、イノベーションを単に突発的な発明を指すのではなく、「付加価値を高めるための連綿と続くプロセス」と定義しています。本サービスでは、イノベーションを生み出すプロセスを自分たち組織の中で実践し、新しい考え方を探求し、新しいアイデアを実行に移していく手法を実践的に学んでいただきます。アイデアをアイデアで眠らせず、アイデアを現実化し、結果を出すためのプロセスとスキル習得を通じ、変革の担い手を養成します。

プランニング(戦略的な仕事力の開発)

このワークショップは、リーダーだけではなく、個人がいかに自分自身の業務を戦略的に捉え、計画し、行動するかというスキルを開発します。すぐに実行することを求められる日常業務と、医療ビジネスの上で明らかになっている、もしくはまだ見えずに隠れている問題、長期的な課題等への取組みとのバランスを取りながら戦略的に考え行動するためにはどうすればいいのかを学びます。
ワークショップではApplied Strategic Thinking モデルと各種ツールを用い、スキルの習得と継続的な取組みを支援します。

ファシリテーション(成功する会議力を身に付ける)

グループとしてあるいは組織として問題を発見し解決していく上で必要となるスキルを学び、体験し、習得していただくプログラムです。組織を率いるリーダーがファシリテーターとしてメンバーのアイデアや意見を引き出し、議論をコントロールすることで、全体として最適で、実現の可能性が高い解決策を導き出すためのスキルやツールを提供します。また、会議や組織横断的なプロジェクトを効率的、効果的に進め、質の高い解決策を導き出す上で重要な役割を担うファシリテーターの養成にも最適なワークショップです。

リーダーシップ(リーダーシップの強化)

多くの事例研究により開発された「状況に柔軟に対応するリーダーシップ」モデルを基に、自らのリーダーシップスタイルをふり返り、改善点を探ります。さらには、効果的なデレゲーション(他人に仕事を任せる)やフィードバックの方法、グループ内での衝突に対処する方法を学び、そのために必要なスキルを習得していただくワークショップです。